« MTB24時間耐久マーシャル | トップページ | 冬のカップル »

2006年1月10日 (火)

雷太選手ポジション

raita冬だっぺよの 雷太選手

とてつもなく速かった、写真撮ってるとあっという間に1週してくる、昼と夜のラップタイム差が1分と言うのもすごいよねぇ。

で、ポジション思ったよりクロカンポジションじゃなくて、コンパクトな山サイポジションじゃないですか?

登り坂でサドル前乗りだからそう見えるのか、コースに合わせたのか、シーズンオフのお楽しみだからかな。

raita2 こっち見てもコンパクトポジションに見えるでしょ

|

« MTB24時間耐久マーシャル | トップページ | 冬のカップル »

コメント

写真でしか、雷太の走りが見れませんでしたが、流石に下りのスピードが違うのが分かります。ライン取りもかなり攻めてますね。確かにポジションは、創造してたよりコンパクトでね。時間が有ったんだから、一度見に行けばよかったですね。もったいなかったです。

投稿: west | 2006年1月11日 (水) 20時53分

トップクラスの選手は見てると派手じゃないのに途轍も無く速い、それだけ無駄な動きが無いってことでしょうね。
登りはほぼ一定のスペースでスムーズに上がって、滑らかに加速しながら下りはぶっ飛びスピードでしたよ。

投稿: おみかん | 2006年1月11日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133537/8100352

この記事へのトラックバック一覧です: 雷太選手ポジション:

« MTB24時間耐久マーシャル | トップページ | 冬のカップル »