« お食事中 | トップページ | マイナスイオン »

2006年5月 5日 (金)

事故についての独り言

自転車仲間の事故が多いとのコメントをいただきました、確かにこの事故発生率は異常事態じゃないかと思います。Jiko

スポーツに怪我と故障は付き物かもしれませんが、ロードレースと言う公道を使って練習する立場では公道上で事故は起こしてはいけないのではないでしょうか。

偉そうに言う私自身、ロードレーサーで車とぶつかって救急車で運ばれた経験や、自動車・オードバイでの交通事故は経験しています。結果的に人も、物も直って事なきを得ていますが後遺症が残ったらと思うと怖いですよね。

ここいらで自転車仲間全員で真剣に事故防止を考えた方が良いのではないでしょうか、チームの生い立ちの関係か仲間内の事故ははっきり公表しない雰囲気があるように思っていますが。事故防止の為に起きた事故ははっきり仲間に周知し(当事者の個人情報は伏せて)再発防止を考えれば以後同じ型の事故は減らせるのではないかと思います。「事故が多いから注意しましょう」では何も変りませんよね。

これを見て何か感じた方、反論・意見・文句、何でも結構ですコメントいただければと思います。コメントなき場合触れてはいけない問題と以後封印します。

|

« お食事中 | トップページ | マイナスイオン »

コメント

まさに、おみかんさんのおっしゃる通りだと思います。
事故の内容は決して封印しておいて済む問題ではないと思います。(当事者の方が、「公表はちょっと・・・」と言う場合を除いて)
事故は公道での出来事ですから、どなたにも起こり得る事象です。事故の当事者が良いか悪いかではなく、何故このような事故が発生したのか原因をはっきりさせ、同種の事故の絶無を図り、
「自転車に乗ってたから不幸になった」と言うことがないようにすべきと私は考えます。
自転車に乗って心が豊かになった、と言われるようになりたいですね。

投稿: N♪ | 2006年5月 6日 (土) 18時32分

N♪さんコメントありがとうございます

ではもう少し独り言の続きを
私は事故に対して過剰反応しているのかも知れません、職業病的なものですかね、現場で安全管理などやってると事故は絶対起こしてはいけないと叩き込まれます、これは仕事もプライベートも同じだと思っていますので。「転んで擦り傷ぐらいなら良いじゃん」かもしれませんが、擦り傷ですむか一生残る後遺症になるか紙一重なんでよね事故って。
今の楽しさ優先であの大人数が走ってるといつか大事になるんじゃないかと心配でね。

怪我を恐れて追い込みが出来るか!安全運転じゃ試合の練習にならないよなどの意見もあるかなぁと思っていました、私はほとんど大会には出ませんのでその辺どうなんでしょう?
保険募集も始まったみたいでこれは言い事ですよね、事故に対する備えは大事です。でももっと大事なのは事故後のことより事前の事故防止だと思うんですよ。

匿名でもけんか腰でもかまいません真剣にどうすべきか討論してみませんか

投稿: おみかん | 2006年5月 7日 (日) 01時16分

私は、昨年救急車に3回乗りました。
原因は、1回目=前の人にはすり転倒、2回目=寝不足+技術不足で転倒、3回目=高速道路で追突される。
でも、1回目、2回目は完全に避けられましたね。
私自身、今でも、危険行為をしているのではないか、といつも不安になりながら走っております。
危険行為がありましたら、その場で自覚したいのですが、それでは、誰が伝えるか、というとなかなか難しいです。
この場でみんなのコメントがないのは、興味がないのではなく、意見がまとめられないから、と推測します。
暮れの納会も楽しいですが、これだけの大所帯になったのですから、総会もしくは、代表会で話し合う機会も必要なのではないでしょうか。
今は、ここまでしか意見がまとまっておりません。
簡単ですみません m(_ _)m

投稿: かなちゃん | 2006年5月 7日 (日) 09時46分

それから、2回目の事故で、3週間寝返りも打てず、ベッドで天井だけを見て過ごしました。
このような辛さは、他の人に味わって欲しくないです。

投稿: かなちゃん | 2006年5月 7日 (日) 09時49分

かなちゃん ありがとうございます
私を含めてコメントしている3人は救急車体験者ですね、同じ思いを他の人にはして欲しくないと。
人間1回痛い思いをしないと分からないとか。
全体の文書が重くなっていますが、気軽にコメントしてください。
ブランシェ以外の方で自分のチームはこんな事故防止してるよ、なんてのもあったら嬉しいです。

投稿: おみかん | 2006年5月 7日 (日) 11時31分

思いつきで申し訳ありません。
去年も少し触れたのですが、「プロテクター」を着けるのも一つの案です。
なお、完全な解決策ではありません。あくまでも怪我を軽減する程度とお考えください。
また、軽量でロード練習に向いているプロテクターを見つけておりません。(冬場は良いのですが、特に夏は暑い!)
プロテクター現実的ではないでしょうか?

投稿: ふとさん | 2006年5月 7日 (日) 19時32分

ふとさん どうもです
プロテクター大事ですよね、最小限のものとしてヘルメットとグローブは必須となってます。これもたまに守らない方がいらっしゃる様な、そのとき誰も「お前帰れ」と言わない所がこのグループの甘さでしょうか。
以前の事故の教訓から周回コース4コーナー入り口はライン規制が出来たはずですがそれも皆さん知っているのか、守っているのかどうなんでしょう?
ちと小言になってしまいました、この程度の反響ならあまり話題にしたくないか、よっぽどこのプログ見られてないかですな。

投稿: おみかん | 2006年5月 7日 (日) 21時21分

こんばんは、お邪魔します。
初めての交通事故は学生時代ロードレーサーでの落車でした。
幸いムチウチと前歯一本程度で済みましたが、帰宅後、
ショックで心拍が上がって涙がボロボロ出ました。
主な原因は、安全確認を怠りライトもつけず、
疲労を溜め込んで集中力が欠如していたためです。
その後、怖くて暫く乗れなくなってしまいました。

自分の意見がまとまっておらず、お恥ずかしい限りです。
知り合いの事故の知らせを聞いても、どこか他人事と思って
いる自分がいるのは大きな反省点です。

自分自身、事故防止についてよく考えたいと思います。
初参加の方とお話する際、4コーナーでの注意点等お伝えしたり、
私にもできる事を一つでも見つけて実行したいです。

投稿: mihoko | 2006年5月 7日 (日) 21時58分

mihokoさんお久しぶりです
その通りですね、痛さを知ってる人は自分に出来ることをしていきましょう、それで1件でも事故が減らせればこんな良い事はないじゃないですか。
出来れば組織だって事故防止を考えることが出来ればと思っています、じっくり行きますか。

投稿: おみかん | 2006年5月 7日 (日) 22時19分

こんばんは。初めて書き込みます。
相方と参加しているFイチと申します。
去年の秋から朝練に参加させていただいて、
外側?から見て感じたことをいくつか。

初めて参加させていただいたときには、
皆さんの整然とした走行に驚きを感じました。
走行時のルールもしっかりと守られているように感じられ、
それは今も変わっていません。

ただ、事故防止の対策として何かがなされているかというと、
何もない、といえるのかもしれません。
Nさんの落車のときにも、ひとつ後ろの集団を走っていたので
直後の様子を見たわけですが、その時のことはいまだに脳裏に焼きついて忘れることが出来ません
(Nさんお気に触ったらすみません)。

その時の対応としても、正確にその場の番地を知る人間が
いるべきだと思いました。電柱に書いてある番号?で確認を
することが出来るようですが、コーナーなりの番地を把握した人間がもう少しいなければならないのでしょうか。

もちろんコレは事故が起きた後の対策ということに
なってしまいますが。事前の対策はもちろん必須ですが、
事故が起きない、などということは有り得ません。
「無駄な、起こす必要のない事故」をいかに無くすか、
これが重要かと思います。

そのためにはおみかんさんが提起された「仲間内の事故」の
公表というのは非常に重要になってくると思います。
お店に頻繁にお邪魔すれば、当然その詳細をうかがうことは
出来ますが、朝練に参加する人間全員が頻繁にお店に
顔を出せるわけではありません。HP上なり、BLOGなりで
事故についての詳細を知ることが出来れば、同じような事故に
注意しよう、と考えることは出来ると思います。
それに、正直事故にあわれた方が心配なのです。
お話したことのない方であっても、少なからず
同じ時間を共有している方ですから、心配している方は
沢山いらっしゃると思います。
わざわざお店で伺うのも何となく不躾に感じられる気もしますし…。

あまりに長くなるので最後にひとつだけ。
事故防止に関してですが、御一方にだけ負担がかかりすぎでは
ないでしょうか。
あれだけの人数が走っているにもかかわらず、
基本的に統率しているのが一人だけでは、無理があります。
もっと明確な役割分担をするなりして、
きめ細かいことまで目が届くようなシステムが必要では
ないでしょうか。
複数の人間による統率、これをもう少し考えてみる必要があるように思います。

部外者が長々と生意気なことを言って申し訳ありません。
ダラダラと書いたので意味不明の箇所もあるかとは思いますがお許しください。


投稿: ダー | 2006年5月 7日 (日) 23時20分

こんばんは、おみかん様や皆様のご意見を拝見し
自分自身反省すると共に事故防止への意識を高めていければと思います。

今現在の朝練一次会(グループ分け、ギヤ比規制、車線規制など)と、土曜SSP(ニュートラル、後続待ち、高強度などの区間分け)の二つを二次会でも取り入れたらいかがでしょう。単純かもしれませんがグループ分けは一次会同様にレベル順、5,6人一組としその中で週交代でキャプテンを決め、チーム内で内容を確認し合います。(もちろん、チームはその週の参加者によりメンバーが代ります。)思いつきの一案なので、大雑把ですみません。
何か良い具体策があればと思います。

投稿: Aびる | 2006年5月 8日 (月) 00時22分

>コーナーなりの番地を把握した人間が
 もう少しいなければならないのでしょうか。
               ↑
「いなければならないのではないでしょうか」の間違いです。

集団の中で、少なくとも1人は緊急時に迅速な対応が
出来るような装備(携帯電話など)・知識を持っているべき、という意味です。

投稿: ダー | 2006年5月 8日 (月) 01時46分

ダーさん Aびるさん ありがとうございます
皆さん色々思われるてるけど具体的にどうしたら良いのか、どう言い出して良いのか迷ってると言う所でしょうか。
まずは色んな意見をだして下さい。
今回は私が思った事の一つを
4コーナーの車線規制 徹底する事が出来ないならば当番制でマーシャルを置くなんてどうでしょう、仲間うちの車線規制の指示、自動車が近づいたときの注意喚起などできますよね。

投稿: おみかん | 2006年5月 8日 (月) 22時12分

自転車に乗り始めて8ヶ月が経ちました。
経験の浅い私ですが二輪車と言う面で考えてみました。事故は予期せぬ時に起きると皆さん思っていませんか?実は原因をたどってみると必ずと言ってよいほど、こうしておけば、ああしておけばと反省することがあるはずです。
皆で事故を無くそうと考えることは大変よいことだと思います。して今一度、各自が事故撲滅について考え直すこと、事故に対する意識を高めることが大切だと思います。そんな考える機会を与えていただいたおみかんさんに私は感謝したいと思います。少し自転車にも馴れてきて気がゆるみかけていた所でした(反省)
私は練習に楽しく(苦しいも楽しい)参加出来るように体調管理等気を使い、無理することなく参加したいと考えます。
非常に抽象的な発言で申し訳ありませんm(_ _)m
練習のグループ分けですが、各グループにコントロールの出来るリーダーを必ず置くことが出来ればと考えます。Dクラスは○キさんがコントロールしていました。安心して走ることが出来ました。最近Cで走ることになり周回数を間違えたりとか体験しました。やはり越えかけ有ったりコントロールするリーダーの存在は大切だと実感した次第です。以前こんな話を耳のしたことが有りました。
”上級者はプレ朝練を行い朝練は中級、初級者の指導に当たろう!!”
なんとすばらしいチームなのだと感じました。

投稿: ま430 | 2006年5月 9日 (火) 08時48分

事故について皆で考える事に大賛成です。実は私は交通事故をきっかけに競技生活をフェードアウトしました。1983年6月だったと思います。5時半起きの単独朝錬で下り坂45kmくらいで対向右折車とほぼ正面衝突でした。私の背中からちょうど朝日が出て、逆行で運転者は見えなかったそうです。(免許取って三日目相手も朝練でした)
 さて、ある意味今回の事故続きの当事者でもあります。Aびるさんには本当に申し訳なかったですが、私のケースは完全に初歩的な、いわゆる前走者後輪へのハスリでした。ハスッたら押し付ける鉄則ですが、あの時は急減速状態だったので、押し返す力が無く仕方なく転びました。ほとんどスピードが出ていませんから私は腰に少し擦過傷を負っただけですみましたが、後続で、私に乗り上げたAビルさんは手首骨折でした。原因として考えられることは車間を詰めすぎていたこと。前走者のやや左後ろに位置していたこと。このため前走者の先頭を譲る合図と同時の減速と自分が右へ少しハンドルを切って出ようとしたタイミングが見事に重なってハスリ落車となったと思います。
密着状態の集団走行では、バランスが非常に重要です。昔はレース出場=トラック競技でしたから、競輪場で、わざとハスる練習をしたり、両手でステムを握って白線の上を走り続けるなどの練習をずいぶんやった記憶があります。昔、町島洋一という追い抜きの選手がいましたが、いつ写真を撮っても、白線の上を走ってる人でした。そんな走りを目指すべく私はもう一度自分のバランスを見直し、修正したいと思います。
 

投稿: h_hiroshi | 2006年5月 9日 (火) 21時58分

ま430さん、h_hiroshiさん貴重なコメントありがとうございます。
ほんと言い事かいていただきました、事故は運が悪いとかしょうがないではなくて「起こるべき時に起こること」。
「一人一人が事故防止について考え取り組むことが大事である」事、これはこの意識をどうしたら持ち続けることが出来るかですね。
具体的な内容としては、リーダー不足と言うのは何人かの方の共通意見ですし私も同感です。
転倒の原因であるハスリについて細かく教えていただきました、「ハスッたら押し付ける」皆さん知ってましたか?知ってても実際出来ますか?私も知識はありますがやったことありません、ハスリ練習とか安全に出来る方法はあるんでしょうか?ベテランの方教えてください、やってみたいです。
小うるさいオジサンの独り言にここまでコメントいただき感謝です、見ていてマダコメントされてない方、何か書いて見ませんか。

投稿: おみかん | 2006年5月 9日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133537/9913682

この記事へのトラックバック一覧です: 事故についての独り言:

« お食事中 | トップページ | マイナスイオン »