« ちゃんと朝練 | トップページ | 祭りの季節がやってきた »

2006年7月 3日 (月)

ブランシュ事故対策やろうぜ!

ブランシュの皆さん、事故防止に向けた行動を開始しましょう。

昨日の記事にふとさん、かなちゃんから貴重な意見をいただきました、ふとさんの意見は決して極端ではなく、事故防止を考えたとき当たり前のことです、当たり前のことが出来ないグループだから事故が増え続けるんです。

店主殿が言われてることをいかに実現するか(以下店主殿書き込み引用)

最終周回直線までなるべく集団を切らないで走り、巡航速度を上げていく、ただし1と2コーナーの間と3と4コーナーの間は速度を抑えて集団形成に努める。
列車をしっかり形成していけると実際にレースでも役立つのではないでしょうか。
もがきは必ず前をしっかり見据えて走る。
ゴール付近も人数が固まってしまう傾向があります。
走路はしっかり確保しましょう。

前から言われていても全然やれていません、どうしても途中で飛び出す方、コーナーで頑張って突っ込む方いますよね?本人が気ずかずに危険な行動をとっている事を指摘して直してもらう必要があります。特にC組はレベルがまとまっていないところが危ないかと思います。

まずは4コーナーに監視役(オフィシャル)を当番制で立てる、コーナー速度規制を徹底させるC・Dチームのまとめ役としてA・B組からこれまた当番でC・Dの統率をやる、このとき問題のある人にしっかりそれを指摘して認識してもらう、上級者は危険な行動をしている人を放置しているのは無責任ではないでしょうか?

人に意見を言うのはエネルギーが必要です、言う方・言われる方も気持ちの良いものではないでしょう、私もそう思って今まで危ない奴だなーと見ていてもその場の雰囲気を壊すのがいやで言い出しませんでした。

今後は事故防止のためには必要なことを指摘して、それを聞く雰囲気を作って行きましょう。

今回はぜひ、店主殿、たかしさん、スドーマンなどベテラン、上級者の意見もいただきたいと思います、他朝連初心者から皆さんの意見を出して行動に移しましょう。

今回は写真なしよ

|

« ちゃんと朝練 | トップページ | 祭りの季節がやってきた »

コメント

お久しぶりです。

私も正直、現状の日曜朝練は大事に至る事を危惧しています。

これだけの事故が発生しているのは人数もさながら自制心の問題もあると思います。
 私は最近朝練には参加していませんが、これは他グループで練習していたときに、落車に巻き込まれた事で怪我をした事が原因です。社会人として生活を支える立場の人間が、こういった怪我で一時的にも社会生活を離脱せざるを得ない状態になるのはあってはいけない事です。これは落車する人に限らず、それに巻き込まれる人も不可抗力でその状況に陥ります。

 私も強くなりたいですし、練習に参加すれば本気で走ります。私はその領域で理性を保つ自信が無いので、これだけの規模になった日曜朝練には参加出来ずにいます。

 初心者にも参加しやすい程度の朝練と、中級レベル以上の朝練は、場所を変える等の対策が必要では無いでしょうか。

投稿: オーカワ | 2006年7月 4日 (火) 00時33分

 はじめまして。まだ1回しか朝練に参加できていない本当の初心者です。長いこと一人で走ることしかしていなくて、やっと出会うことのできた集団走行の機会ですので、この日曜朝練が地域の人にも認められて長く続くことを願ってやみません。
 上級者の皆さんのブログを拝見しました。皆さんが真剣に対策を考えてくれていて大変ありがたいことだと思います。力の差のありすぎる集団が同じ走路で混在して走っていると言うのは確かそれだけで危ない気がします。初心者組を1時間くらい早く始めるというのは現実的だと思います。
 また、どうしても初心者は判断が甘かったり、速く走りたいがために無理をしてしまったりしがちですからそこを客観的に指摘していただけるととても助かります。ただ、そのために指導者の方の負担が増えてしまう事が少し心苦しいように思います。また、初心者は走って学ぶだけではなく、上級者の皆さんの走り方や考え方に接して学ぶことも多いかと思いますので、初心者クラスが終わった後に上級者の皆さんの走り方を見学できたり、簡単でいいですので安全に走るための講義みたいなものがあっても良いかもしれません。

投稿: ともし | 2006年7月 4日 (火) 01時22分

オーカワさん、ともしさん早速のコメントありがとうございます。
ソーなんですよ最近の朝連はとっても怖いです、たまにしか行かないから余計ですが、C組の緊張感とか、スプリント時の緊迫感はすごいです。
さて、昨日は勢いで書いてしまった部分もあるので少し冷静にやれることを考えました。
時間をずらす、場所を変えるのは避けたいと思っています、店主どのを中心に皆が集まるのも楽しみの一つですからね。
コーナー監視役も当番とすると強制力が生まれそうでどうかな。
毎回じゃなくてもとりあえず月1回安全見直しデーとして、ボランティアというか自主的にコーナー監視役をやっていただける方にお願いするとか。
その前に安全走行の約束事、各クラスごとの決まり、注意点を再度おさらいして、いつでも確認できるようにしたらいかがでしょう、掲示板の書き込みは直ぐに見れなくなっちゃうし、タキサイクルホームページ上の朝連注意事項は古いというか足らない感じですよね。

投稿: おみかん | 2006年7月 4日 (火) 21時56分

色々なコメント読ましていただきました。今回の事故の検証は、あまりされていないようです。事故が起きるのには、必ず原因があるはずですよね。具体的に書けない事もあると思いますが、やはり検証すべきですよね。私は、当日参加していなかったので詳しくは知りませんが、話として聞いた中で、やはりゴール後の人の多さに問題があるような気がします。何人かの人が書いていましたが、現在ゴールした後、1コーナーか2コーナーあたりでUターンしてゴール地点に戻ってきます。中には併走してる人もいますよね。早くにゴールした人は、スタート地点にたむろっています。その為ゴール地点は、十分な走路の確保が難しくなっているような気がします。gogoさんなんかが言っているように、ゴール後は、1WAYにするのがいいと思います。一方通行にすることによってゴール後の混雑の回避が可能です。ただ、ま430さんの言うような1コーナーでの集合は、スペース的に難しい気がしますので、ゴール後は、そのままクールダウンをかねてもう1周するか、それとも2コーナー先のショートカットの道路からスタート地点の側道で待機するのがいいかと。J大下7での集合との意見も有りましたが、社会通念上問題有りかと思いますのでやはりコース上での集合がいいかと。
 やはり約束事は、しっかりと決めなくてはいけませんね。しかし常連メンバーばかりなら一度決めたら浸透するのですが、最近は新規のメンバーの増加がすごく、またそれが初心者ばかりとは限らないので、なかなかルールを決めても浸透してないですよね。スタート前に各クラス決め事の確認をするべきでしょうね。この前、朝練に参加された方のブログに書いてありましたが、コーナーで必要以上にブレーキをかけて速度を落としているが効率が悪い。もっと効率よく曲がるべきだとか。多分その方は、なぜ速度を落として曲がっているかの趣旨が分かっていないのだろうと思われます。こういった方にも分かってもらわないと必要以上のスピードで曲がっていくのは無くならないでしょうね。
人数が増えてきて、規模が大きくなってくると、どうしても運営が難しくなってくるのは仕方ないですから、みんなでもっと知恵出し合って、よりよい練習会にしていけたらいいですよね。

投稿: カレーパンマン | 2006年7月 5日 (水) 00時34分

カレーパンマン どもどもです
細かく考えると、メリットがあれば必ずデメリットともあり、どうするかは難しいですね。
意見を出し合うのはいい事と思います、店主殿の注意書き配布されるようですし、皆の安全意識が上がってくるのが一番ですね。

投稿: おみかん | 2006年7月 6日 (木) 12時21分

初めまして。キンタロウと申します。
私はBlanche練習会には3回程参加の新参者です。
よろしくです。

カレーパンマンさんのご指摘は非常に心に響きました。
ホントにその通りだと思います。私はCクラスで走らせて貰っています。やはり、あまりブレーキ掛けてませんでした。。ホント反省です。なぜにCクラスなのか?速く走れないから?それだけではないですね。技術も含めまだまだ勉強すべきものが沢山あるからだと思います。もっと集団走行とは?ということを念頭において走ることが大切だと皆さんの書き込みを読んでいて思いました。

ちょっと話がそれるんですが、ローラーに乗りながら、自分が技術を習得できたときってどんなときなのかと考えてみました。自分で失敗したり発見したり。それもありですが、せっかくチームで動いているのでやはり教えてもらったり指摘してもらうのも一つの方法です。それこそチームのメリット?!
教える方も人の子なのでやはり知らない人には教えずらいし、新規メンバーの方も声をかけずらかったりと。練習会以外に定期的にミーティング等行うのはいかがでしょうか。変に堅苦しくなくファミレスなどでご飯たべながら。
練習会で交流を深めるのも当然ですが、練習の注意事項や自転車のマナー、レースの参加の仕方、結果などなど話題や得るものも大きいかと思います。
とはいえ、今の練習会の人数を考えると多すぎで入れませんねぇ。。。

投稿: キンタロウ | 2006年7月 6日 (木) 12時45分

皆さんのご意見を、しっかり読ませていただきました。
自転車競技は、他のスポーツと大きく違うことがあります。
ドラフティングです。
一人でどんなにがんばって走っても速度の維持はかなりの努力が必要です。
しかし、気が合う仲間と先頭を入れ替わりながら、走ると一定の速度を保ちつつ走り続けることができます。
この気持ちよさは、自転車競技を経験した人たち全員が知ることです。
この朝練をはじめたのは、タキサイクルが20年前にユーカリが丘でOPENした直後の日曜日からでした。
本当に私1人からのスタートでした。
まもなくたかしが加わりました。
徐々に人数も増えいつしか、BLANCHE恐るべしといわれるまでになりました。
途中5年間どうしても私が参加することができず、たかし(国民体育大会出場)、しんじ(国民体育大会出場)、よういち(国民体育大会出場、フランス修行経験あり)、やずか(プロカメラマン)、あきら(国民体育大会出場、フランス修行経験あり)に任せた時期もありました。
彼らも、このすばらしいスポーツに見せられ仲間を増やそうとしていました。
現在は、本当にたくさんの参加をいただき感謝しております。また、以前以上に高成績を残せる最強チームになってきました。
反面、参加者が増えると同時に、レベル差も大きくなりました。
昨シーズンは、たかしに完全におんぶで抱っこ状態でした。
ほんとうに助けられました。
もちろん、たかしも一緒に走りたかったことでしょう。
しかし、いろいろなレベルの方たちに同時にロードレーサーの楽しさを知っていただきたいとサポート宣言してくれました。
今シーズンは、やるだけやってみたい気持ちになって、夜練もしっかりこなしています。
今年は、面倒をかけずにしっかり走らせて上げたいと思っていました。
みほこさん(順大トライアスロン部OG)は、1ヶ月くらい前からD1クラスを担当しますと宣言してくださいました。
さっそく、D1クラスを担当していただいております。
おおさとは、B、Cを行き来して声を出しています。
主催者である私が、ある程度なれてきたメンバーに目が行き届かなかったのも事実です。
と言うことで、次回朝練までに注意事項を文書にして参加いただける方にお渡しします。
店頭でも、希望者にお渡しできればと思います。
わかっていただいているだろうは、やはり危険を残しているようです。
B,Cクラスは、速度にも慣れが出ています。
集団走行にも慣れがでてきました。
もちろんレースでもすばらしい成績を収めていただいております。
今後も、安全で、楽しく走れることを願って皆さんのご協力よろしくお願いいたします。


投稿: 店主 | 2006年7月 6日 (木) 21時35分

店主殿 コメントありがとうございます
正式発表をいだたき、とても嬉しく思っています。
みんなこの練習会をいつまでも楽しく続けたいと言う気持ちだと思います、この所の状況に最悪開催存続が危ぶまれるのではと言う不安を抱いていました。
次回練習にて改めて注意事項が配されるとの事、皆それをしっかり理解してより安全に楽しく練習会に挑みましょう!

投稿: おみかん | 2006年7月 6日 (木) 23時59分

こんばんは。
私も自分のブログに自分の意見を書いてみました。
http://diary5.cgiboy.com/5/chibicco/

ちなみに私は途中でトライアスロン部をリタイア。
その後☆んじと出会い、またタキサンにお世話になることに。
Blancheの皆様とこんな風に走れて幸せです。

投稿: mihoko | 2006年7月 7日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133537/10778106

この記事へのトラックバック一覧です: ブランシュ事故対策やろうぜ!:

« ちゃんと朝練 | トップページ | 祭りの季節がやってきた »