« 昔を懐かしむ | トップページ | そこに破線がある限り »

2010年5月30日 (日)

山GPS オレゴン450

Oregon2

1月に導入したカーナビNUVI205にアベル父さんの地形図入れて等高線表示ができるようになり、林道ツーリングは使いやすくなったものの、登山道レベルとなると一般道、林道、登山道の区別がつかないとか、駆動時間の問題とか、山用にはならず。

結局ガーミン オレゴン450導入、英語版しかない機種ですが、ネット上の情報をもとに、本体バージョンアップ、ファイルを2個追加で無事日本語表示化。いどんなっぷさんの全国図と関東の等高線データーを入れて山道もばっちりのGPSです。

日本語入力ができないので検索に制限がありますが、パソコン経由は日本語入力もOKですから実用上問題なし、16時間駆動、防滴、直射日光下で見やすい反射型液晶、使いこなしてみろと言うような多機能。

山でコース外す心配もなくなります。

Oregon1 自転車はRAMマウントのフォルダーにキャトアイのライトホルダーを改造して取り付け、目の前に地図があるのは快適です。

|

« 昔を懐かしむ | トップページ | そこに破線がある限り »

コメント

早速導入されたんですね。地図が出るから使いやすそうですね。正規物は、まだオレゴン300ですね。それも値段が・・・。

投稿: カレー | 2010年6月 1日 (火) 21時28分

カレー殿ようこそ
日本語版オレゴン300、128000円に等高線地図追加して15万程って
で英語版オレゴン450なら42000円に地図データー乗せて5万円未満これなら如何ですか。
カーナビ機能を持たせるにはいいよネット地図2万円が必要ですが、だったら2万円しないカーナビNUVI205と使い分けた方が良いと思ってます。


投稿: おみかん | 2010年6月 1日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133537/48497142

この記事へのトラックバック一覧です: 山GPS オレゴン450:

« 昔を懐かしむ | トップページ | そこに破線がある限り »