« 蒸し蒸し里山 | トップページ | フラッシュ山サイ »

2010年7月 4日 (日)

キャノンデール フラッシュ

Flash1 新兵器紹介ですshine

ヘルスメーターの実測重量8.2kgの質量もありますが、ともかく走りが軽い、伸びるような加速、登りもスイスイ、特に高速巡航性能がロード並、このタイヤ履いてだよ、30kmオーバーの巡航がって、すごいです。

軽量が故に荒れた路面ははじかるかと思いきや、強度があるため狙ったラインをすんなり越えてくれます。モラティの3割引きの力で済む感じ。

まずはフレームの性能でしょう、硬柔らかいというか、剛性があってしなやか、ハードテイルだけど、サスのエア圧を高めに設定したジキルみたいな感じ、リヤバックは多分絶対動いてます。

Flash4

その性能を助けているのが、レフティカーボンSLサスとDTSWISSのカーボンホイールかな。

勝手にロックするサスとか、凸凹を感じさせないサスとか一時期色々でましたが、私は路面情報をフィードバックしてくれないサスはきらいなんですが、こいつは良いです、凸凹をしっかり丸めていて、路面情報は伝えてくれる、オートバイのSRにオーリンズ入れた時のような感動

Flash2

駆動系はSRAMXX

クランクはXX+キャノンデールホログラムSLで従来から2X9使いとしては、XXの2X10のギヤは必要にして充分、ロー側足らないなんて事はまずありません。

Flash3 クロモリ鋼削り出しのリヤギヤは芸術品です、机の上に飾っておきたいくらい。

しいて言えば、XXのリヤメカは見た目モッサリしてて、デザインはXTRのがいいかな、

Flash5

唯一完成車状態から交換したのはディスクブレーキ、XXからXTRにしました、ジキルで使い慣れたXTRのフィーリングをそのまま導入したかったから、ローター径はF160、R140φでこちらもクロカン走りにぴったり

この所の梅雨空で里山をチョコチョコしか走ってませんが、早く山サイに持って行って真価を発揮させてみたいです。

唯一の問題はモラティみたいにはロードスターに積めない事、秘技助手席外しが必要かも。coldsweats01

|

« 蒸し蒸し里山 | トップページ | フラッシュ山サイ »

コメント

私のロードバイクより軽いですね。
アルミリムの試乗車に乗った事があります。よく登るバイクだなあと。カーボンリムだともっと強調されるんでしょうね。私の乗り方だとカーボンリムは少しリスクがありそうです。フロント2枚は興味ありますよ。新型XTRがフロント2枚の設定が出ました。面白そうだなあと思っております。でも最近オフロードを走る機会が無いので宝の持ち腐れになりそうなので暫らく見合わせですよ。

投稿: カレー | 2010年7月 9日 (金) 10時20分

マウンテンで楽をしたければ、こいつです
この10年チューブレス化したモラティが最高性能の山サイMTBと自負していましたが、
技術の進化はさすがです、担げるキャノンデール、トップチューブがつぶれてて肩当りが優しく、担ぎあげには軽量化と担ぎやすさ最強の山サイMTBです

梅雨明けろー早く山行って担ぎたいぞ!

カレー殿 秋に魚野川水平歩道行きませんが、現在同行者募集中

投稿: おみかん | 2010年7月 9日 (金) 20時56分

魚野川水平歩道ですか。本格的な山サイですね。以前どこかの雑誌で見たことがあります。面白そうですね。仕事の都合が付けば行きたいですね。
カーボンフレームは軽いですけど、投げ捨て出来ないのが難ですね。

投稿: カレー | 2010年7月12日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133537/48798113

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンデール フラッシュ:

« 蒸し蒸し里山 | トップページ | フラッシュ山サイ »