« リフレッシュハイキング | トップページ | 湯ノ平温泉 松泉閣 »

2012年5月 1日 (火)

谷川岳一の倉沢偵察

Ichino

一の倉沢の写真を撮りに

新緑と岩壁に五月晴れ と言う絵コンテを描いて行ってが

林道は除雪したて、車は通行止め、どのみち途中雪崩のデブリで歩いてしか入れない

天気予報も外れてドン曇り。

にしても この眺めは圧巻です、下の方の残雪を岩の下の方まで上がって撮影、久しぶりの春雪歩きで急斜面はちょいとビビりながら楽しんできました。

|

« リフレッシュハイキング | トップページ | 湯ノ平温泉 松泉閣 »

コメント

かつて一緒に働いたことのある人物が、ここで遭難してヘリで救助されたことがありました。

投稿: ともし | 2012年5月10日 (木) 17時40分

この谷でもへり近づけるんですね
ここは色々なドラマが生まれている谷です
岩登り現役の頃一度登っておけばよかったなぁと思いながら眺めて来ました

だれかトップやって引っ張り上げてくれないかな

投稿: おみかん | 2012年5月12日 (土) 22時14分

岩登りもされていたのですね。その元同僚は、谷川岳からは生還しましたが、三つ峠でトレーニング中に落ちて亡くなってしまいました。山は怖いですね。

投稿: ともし | 2012年5月14日 (月) 20時26分

そうですか
山も命をかける所ではないのですが
自分を知らず、山を知らないとその圧倒的な自然の力の前には無力になってしまう事もある

私は一人登山が多いので、怖くなるとすぐ引き返す事にしています。
岩登りはちょっと頑張ると、結果身動きが取れなくなる事があるのも確かです。

投稿: おみかん | 2012年5月14日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳一の倉沢偵察:

« リフレッシュハイキング | トップページ | 湯ノ平温泉 松泉閣 »