2016年2月14日 (日)

キャノンデールFSI カーボン レビューなど

 

Fsica2c1

キャノンデールFSI カーボン2 一月ほど乗りましたのでつたないレビューを
車体は2015年型カーボン2が基本ですが、ホイールがクロスマックス、
 ブレーキがスラムXX(アビドOEM)に変更になってます
 FSIジオメトリーとかめんどくさいことはキャノンデールのホームページを見てください。
なんといっても良いのは、29インチホイールから来る走破性のよさ、
凸凹の乗り越えやすさ、とタイヤのトラクションの高さは
2015年5月にFSIカーボンチームの試乗記を書いた時と同じ感想、
特に轍を左右に変更するなんぞラクチンです。
リム、サスペンションがカーボン製のチームと比べると、
リム・サスともアルミになったこいつはキビキビ動きます、
ダルイはずの29インチのハンドルが軽すぎると感じるほどに、
言い換えれば硬く感じるともいえる?
Fsica21
レフティはアルミ製でセカンドグレードに
なりますが、これはクラウンと本体が
一体成型のワンピースデザインで
すっきりとかっこいい、アルミになったことで
剛性が高くハンドルの軽さに寄与していると
思われます。
Fsica2a1
ホイールは当初重いなぁと感じて
いたのですが、チューブを取って
チューブレスレディにした所、前後で
260g の軽量化で、漕ぎだしも軽く
なりました。
デメリットと言うほどの事はないですが
26インチに比べ重量が増えて
ペダル付9.3㎏。
足場の悪い所で乗車しようとすると
トップチューブ位置が高いので、
跨ぐの大変とか、
フロントシングルのワンバイイレブンギヤで
フロント32は私の脚力ではもう少し軽く
したい所です。
今後は ハンドル幅を少し詰めるのと、
フロントギヤ28か30を山サイ用に準備しようと思っています。
ちなみに現在のハンドル幅700mmは五十肩には良いようで、走ってくるといつもは痛くて洗えない肩甲骨周りまで手が届くようになるのが、FSI最大のメリットかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

29erMTB試乗 キャノンデールFSI

キャノンデール29インチFSIしっかり試乗、これまでハンドルがだるくて29インチ否定派でしたが、先日FSIにチョイ乗りした所、ハンドリングが素直になっていてこれなら良いかもと、いつもの里山でしっかり試乗ました、
ラフロードに大径タイヤは正義、特に急な登りなど低速時に2,3cmの小枝等が結構な抵抗でしたが29インチはすいすい超えて行く、軽トラトラックの轍をのりこえるなんてのも軽々、走行抵抗が少ないから楽にスピードが上げられる、レースシーンでは29が主流になったのもうなずけます、特にFSIは今まで29インチに有ったハンドルのだるさが26インチと比較して気にならないので文句なしです、駆動系の1×11sも使いやすい、フロントギヤを切り替える際にリヤを2s変えるか1s変えるかとか考える必要ないし、チェーン落ちの心配もないしです。

 最大の問題は我が家の自転車保管空間に収まらないという事かな。里山周回用に欲しいですが、フラッシュ26の性能を大きく超えるかとと言えばそこまではいかないかと、タイムを競うのであれば29ですが、山サイメインなら26もまだまだ行けます。
Fsi1
Fsi2
Fsi3
フラッシュ26とFSI29を並べてみると、29のでかさを改めて認識します。
 モトクロスバイクのフロントタイヤが21インチですから29インチのでかさってトラクター並ですかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

マウンテンバイクに珍客

マウンテンバクで里山走り、春になって葉っぱが元気よくなり、やぶを抜け出すと、ハンドルポストとフロントバッグアダプターの隙間にチャッツカリ乗っている奴がいた

Yakurukaeru1
Yakurukaeru2
Yakurukaeru3
Yakurukaeru4
これだから、里山走りは止められない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

里山はみんな元気

Syoka14041
チョット久しぶりの里山廻り、田植えがはじまって、農家の方も忙しそうです。
野草も元気に花を咲かせ、キジがつがいで真の前の藪から飛び立ち、青大将は道路でひるね、農道の脇からはどう見てもアライグマが飛び出してきました。
マウンテンバイクでの里山めぐりはホントに楽しいです。




Syoka14042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

自転車朝練シナプス

Sinaren1
自転車練習会で久々の2次会、昔は皆で仲良くサイクリングみたいな感じもあったのでその気でいたら、立派に体育会系トレーニングでした

まずは集団で40km程度で走行、付いて行くのがやっと、もちろん途中でちぎれました
後続の集団に拾ってもらい、これまた似たようなペースで上り下りもあって、ヒーヒー言いながら走ってきました
 去年真面目に自転車乗ってないのに結構走れたことに自分でもビックリ、新型シナプスの性能がそれだけ凄いって事か、楽は早いです。
家帰ってぴったり100kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

キャノンデール シナプス

Sinapus1
ロードレーサー新型になりました

シナプス、速さと快適性を追求し、長距離レースで真価を発揮する?
レースでないので、真価は発揮できなさそうですが、
クランクの踏み込みが軽く、平地巡航もギヤ1枚軽くなり、登りもペダリングが楽です、
写真の通りフォーク、チェーンステイ、シートステイがウニウニと形を変えていてフォークフレームがサスペンション的動きをするので、乗り心地が素晴らしいです
加速も踏んだだけ加速するというよりは、スムーズに速度を上げて行く感じ
これまでのスーパーSIXが背中を押されるような感じとすれば
シナプスは、少し弾性のあるロープで引っ張られている感じです
オートバイ的にはVMキャブとCVキャブの違いみたい
これで長距離の峠越えサイクリングとか行く気になってますが、エンジン出力は相変わらずなので、少し強化に向けてトレーニングです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

秋の里山MTBはにぎやか

Akimtb1

やっと涼しくなったのでマウンテンバイクを引っ張り出した。
里山は秋満開で茸、コスモス、曼珠沙華、金木犀と定番の秋の花が賑やかしくさいています
いつもよりスローペースで周りの景色を眺めて周回してきました


Akimtb2_2
Akimtb3
Akimtb4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

サイクリングで海までGO

Narusea1
山はどうも天気が安定しない、と言うことで

ちょっと早起きして海までサイクリング
 フロントバッグにカメラ入れて、サドルバッグに工具入れて出発!
海風が気持ちイーと言いたいとこですが、海までの向い風
結構きつかったぁ。
 朝早すぎて水着のお姉さんも見当たらないし・・・
近くの漁港を覗いたり、途中の神社でおやつ食べたり
 旅の自転車を久しぶりに楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

風と一緒

1
ロードバイクで田植えの始まった風景を眺めながら一回り

南風に向かって走り出す、自転車をさぼっていた体が重いが
1時間もするとエンドルフィンが出た来たか走ること自体が楽しくなってくる
進行方向が真北に向くと、時速33Km程度で耳元の風切音がなくなり
無音・無風となる。
追い風と一体になると背中を軽く押されている感覚の他は風を感じないと言う
不思議な感覚の走る気持ちよさは、自転車だけの特権かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

素敵なシングルトラック見つけ!

Sutekist
いつもとは違う方面へ里山探索サイクリング

昼前は気温も上がり、梅の蕾も膨らんで春に向かっている
里山を探検、素敵なシングルトラックを見つけたり
田んぼ脇の小川に当たる光のキラメキを眺めたり
とマウンテンバイク満喫してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧